予防治療 予防治療

予防から歯を守る取り組みをはじめましょう

歯を失う一番の原因は歯周病です。
一度歯が揺れてしまうと元に戻すことは難しくなりますので、まずは予防していく事が重要となります。
最近では予防治療を希望される方が増えてきましたが、なかには処置を受ける際に、ガリガリ削られる感じで痛かったり、凍みてしまったなどの嫌な経験をされメンテナンスを断念してしまったとおっしゃる患者さんも多い印象です。

当院では患者さん一人一人、歯一本一本に合った負担の少ない施術を心がけております。
適切な圧での消毒を定期的に受けて頂く事が健康的な歯を保つ秘訣となります。
また、過剰で不適切な歯ブラシの当て方(意識が高い方ほど陥りやすい)を改善していく事も、とても重要です。
私達と一緒にご自身の歯を守っていきましょう。

毎日の予防が健康への近道です

虫歯や歯周病の予防に欠かせないのが、毎日の歯磨きといったセルフケアと歯科医院での定期的なケアです。とくに初期段階の虫歯・歯周病は自覚症状がほとんどないため、歯科医院での定期健診は大切。歯の専門家にチェックしてもらうことで、予防だけでなくお口のトラブルを早期発見・早期治療することができます。

予防は歯科衛生士にお任せください

予防は歯科衛生士にお任せください

当クリニックでは歯の健康を守るため、口腔衛生の専門家である歯科衛生士がサポートします。患者さま一人ひとりに専任の歯科衛生士がつく担当衛生士制を採用し、長期的な視点でお口のケアを実践しています。いつも同じ衛生士がお口のクリーニングをするので、お口の少しの変化も見逃すことなく、虫歯や歯周病の早期発見・早期治療にもつながります。

PICK UP! 手軽にできる虫歯予防~キシリトール入りの食べ物を選びましょう~
甘味料の一種であるキシリトールは、糖分を含まないので虫歯菌のエサになりません。またキシリトールガムを咬むことで、お口の自浄作用がある唾液の分泌量が増加し、歯の再石灰化を活性化させることもできます。最近では、歯の健康に効果的なキシリトール入りのお菓子も販売されているのでご注目ください。

治療が終わったらメインテナンスで歯の健康を維持しましょう

治療が終わったらメインテナンス

治療が終わったらメインテナンスのスタートです。治療した歯はその過程で歯を削っているので、どうしてももとの健康な歯よりも病気を再発しやすくなります。毎日のセルフケアとともに定期的なプロフェッショナルケアを歯科医院で受けることがお口の健康を維持するための近道なのです。

定期的なメインテナンスと残在歯数の関係

歯科医院での定期的な予防・メインテナンスの有無による「年齢別の残在歯数」の統計データをご覧ください。グラフによると、定期的にメインテナンスを行っていた方は80歳で約16本、定期的にメインテナンスを行わなかった方は約7本しか歯が残っていないという結果が出ています。将来、より多くの歯を残すためには、定期的なプロフェッショナルケアが必要不可欠です。

定期的なメインテナンスと残在歯数の関係

予防方法のご紹介

定期検診
定期検診

自分ではなかなかお口の変化に気がつくことができません。定期的に歯科医院に通い、歯科医師や歯科衛生士による口腔内のチェックを受ければ、虫歯や歯周病などのトラブルの早期発見・早期治療につながります。

歯磨き指導
歯磨き指導

定期検診により口腔衛生のプロによるチェックを受けることにより、毎日の歯磨きでの磨き残し部分がわかります。患者さまのお口の状態に合わせた歯ブラシの選び方や持ち方、磨き方など効果的な歯磨き方法をご指導します。

フッ素塗布
フッ素塗布

歯質を強くする効果が期待できるフッ素を歯の表面に塗布することで虫歯を予防します。初期段階の虫歯であれば、フッ素塗布によって改善が期待できます。

PMTC
PMTC

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは、口腔ケアのプロによる専用機器を用いた歯のクリーニングのことです。毎日の歯磨きでは落としきれない歯と歯の間、歯と歯ぐきの溝などにたまった歯垢や歯石を徹底的に除去し、お口の中をすみずみまできれいにすることで、虫歯や歯周病を予防します。

35.7654276,139.8483059

慈恵歯科クリニック

35.7654276,139.8483059