入れ歯・インプラント治療 入れ歯・インプラント治療

失ってしまった歯の機能をインプラント治療で補いましょう

虫歯や歯周病、外傷などで歯を失ってしまった場合、インプラント入れ歯ブリッジなどで歯の機能を回復する必要があります。歯が抜けた状態で放置すれば、見た目の問題だけではなく、食べたり話したりするのにも不便です。また、隣の歯が倒れ込んできたり、咬み合っていた歯が伸びてきたりして、歯並びや咬み合わせが乱れ、口腔内全体のバランスが崩れてしまうこともあります。

葛飾区亀有の歯医者「慈恵歯科クリニック」では、失った歯の機能を補う方法として「インプラント治療」、「入れ歯治療」、そして「ブリッジ治療」をご提案しています。

しっかり咬めるインプラントは治療後のケアが大切です

インプラントと呼ばれるチタン製の人工歯根を顎の骨に埋め込み、その上にセラミック製の人工歯などを被せることで歯の機能を回復するのがインプラント治療です。しっかりとした診断とケアが必要となりますが、天然歯に近いきれいな見た目と咬み心地が得られます。
しかし、インプラントを入れた後はしっかりとした医院でのケアを継続しなければ、インプラントといえどもポロリと簡単に抜け落ちてしまいます。

インプラント治療のメリット・デメリット

メリット デメリット
見た目が天然歯のように自然で、咬み心地ももとの歯に近くなります。毎日の歯磨きなどといったセルフケアと定期的な歯科医院でのケアをすることで長期間お使いいただけます。1本の歯を失ったときでも、多くの歯を失ったときでも回復可能なうえ、まわりの歯に負担をかけません。咬み合わせが安定するのもインプラント治療のメリットです。 インプラントを顎の骨に埋め込むために外科手術が必要なので、治療期間が比較的長期にわたります。費用もほかの治療に比べ高価となります。インプラント治療で得た人工歯の機能を継続させるには、毎日のご自宅でのケアと定期的な歯科医院でのケアが必要です。

ぴったり合った入れ歯ならしっかり咬むことができます

歯を失ってしまったときの治療でもっともポピュラーな「入れ歯」。患者さまの中には、「入れ歯は装着時に痛みがあったり、外れやすかったり、よく咬めない」といったイメージをお持ちの方もいらっしゃると思います。そのような不具合は、咬み合わせのズレやサイズ・形状が合っていないことから起こります。ぴったりと合った入れ歯なら、痛みもなく、しっかりと咬むことができます。

ぴったり合う入れ歯、まさにオーダーメード治療

ぴったりと合った入れ歯をつくるには、お口の中の型をきちんと採り、合うよう調整する必要があります。また、咬み合わせを整えないと偏った力がかかり、入れ歯が外れやすくなることもあります。痛みがあるということは、その部分の歯ぐきに入れ歯が強く当たっているということ。継続的に力がかかり圧迫されることで、その部分が腫れてしまうこともあります。

また入れ歯は、作製当初は快適に咬んだり、話したりできても、だんだん合わなくなることがあります。その要因として、「顎が痩せて合わなくなった」「経年劣化で入れ歯が摩耗して合わなくなった」といった例が挙げられます。入れ歯に違和感があれば、我慢せず亀有慈恵歯科クリニックにご相談ください。

入れ歯は歯磨き粉では磨かないでください

お口の中に装着する入れ歯は、毎日のお手入れをして清潔に保つ必要があります。お手入れの際は専用のブラシと洗浄剤を使用しましょう。歯磨き粉には研磨剤が含まれていて、入れ歯に細かい傷をつけますので絶対に使用しないでください。傷に細菌やカビが棲みつき、お口の健康だけでなく身体の健康にも悪影響をおよぼすことがあります。

当クリニックで取り扱っている入れ歯

シリコンデンチャー

歯ぐきにあたる床の部分に弾力性のある生体用シリコンを使用した自費診療の入れ歯です。

メリット デメリット
  • 吸着性や密閉性が高く、フィット感に優れ外れにくい素材です。
  • 咬んだときの負荷が緩和され、硬いものもしっかり咬めます。
  • 自費診療のため、比較的高価です。
  • 修理が難しい素材です。
ノンクラスプデンチャー

歯ぐきに当たる部分に弾力性のある樹脂を使った金属のバネ(クラスプ)を使用しない自費診療の部分入れ歯です。

メリット デメリット
  • バネがないため目立たず、自然な見た目です。
  • まわりの健康な歯に負担をかけません。
  • 軽く、薄く、フィット感に優れています。
  • 歯の欠損状態により使用できません。
  • 熱に弱く、汚れが付着しやすい素材です。
  • 自費診療なので比較的高価です。
マグネットデンチャー

残っている歯根と入れ歯に磁石を埋め込んで、磁力によって吸着させる自費診療の入れ歯です。

メリット デメリット
  • しっかり吸着するので比較的よく咬めます。
  • 周囲の歯に負担をかけません。
  • バネなどがないので見た目が自然です。
  • 耐久性があり長持ちします。
  • 磁石を埋め込む歯は神経を取った歯にかぎられます。
  • 金属アレルギーの心配があります。
  • 自費診療となり比較的高額です。
チタン床

床部分に生体親和性の高いチタンを使った自費診療の入れ歯です。

メリット デメリット
  • 床の部分が薄いので、装着時の違和感が少ないです。
  • 食べものの温度を感じやすい素材です。
  • 汚れが付着しにくく、耐久性があります。
  • 入れ歯自体を軽量につくることができます。
  • 自費診療のため、比較的高価です。
  • 修理が難しい素材です。
コバルトクロム床

床部分にコバルトクロム合金を使った自費診療の入れ歯です。金属床でよく使用される合金です。

メリット デメリット
  • 床の部分が薄いので、装着時の違和感が少ないです。
  • 食べものの温度を感じやすい素材です。
  • 汚れが付着しにくく、耐久性があります。
  • 金属アレルギーなる可能性があります。
  • 自費診療のため、比較的高価です。
  • 修理が難しい素材です。

35.7654276,139.8483059

慈恵歯科クリニック

35.7654276,139.8483059

3