小児歯科 小児歯科

お子さまを虫歯から守りましょう

子どもの乳歯は、永久歯に比べて薄く、やわらかい歯です。歯の再石灰化(溶け出した歯表面のエナメル質が修復される現象)も大人の歯のようには頻繁に起こらないため、虫歯になりやすいといった特徴もあります。

葛飾区亀有駅近くの歯医者「慈恵歯科クリニック」では、お子さまの歯の健康を守るために小児歯科・小児矯正を積極的に行っています。当クリニックと二人三脚で、お子さまの歯を守りませんか?

子どもの歯を虫歯から守る処置

歯磨き指導
歯磨き指導

歯の健康を守るためには、毎日の歯磨きが欠かせません。お口の状態はお子さま一人ひとり異なりますので、年齢やお口の状態に合わせた歯磨き指導を行います。またお母さまやお父さまによる仕上げ磨きも大切。磨き残しがないように、就寝前には親御さんが仕上げ磨きをしてあげましょう。

フッ素塗布
フッ素塗布

歯質を強くし、虫歯予防効果が期待できるフッ素を歯の表面に塗布する処置です。1回の所要時間は約10分。毎日の歯磨きとともに、フッ素塗布を年に3~4回行うことで虫歯のない健康な歯を育てることができます。処置には痛みを伴いませんのでお子さまでも安心してお受けいただけます。

シーラント
シーラント

乳歯の奥歯の溝は深く、歯ブラシが届きにくいために虫歯になりやすい部分です。そこで予防のためにあらかじめ溝を歯科用プラスチックで埋めるのがシーラントです。歯科用プラスチックは歯の色に近いため目立ちません。

子どものうちに矯正する目的

子どものうちに矯正する目的

歯並びの乱れは、歯が生えるためのスペースが確保できていないことから起こります。乳歯から永久歯に生え替わる「混合歯列期」に歯の生えるスペースを確保できていれば、歯並びをきれいに整えやすくなるのです。そのため小児矯正の目的は、歯がきちんと生えそろうような十分な顎の広さを確保、顎の成長を促すことです。

小児矯正のメリット

35.7654276,139.8483059

慈恵歯科クリニック

35.7654276,139.8483059