一般歯科治療 一般歯科治療

虫歯について詳しく理解しましょう 一般歯科治療

日本人の成人の約9割が経験しているという虫歯は、口腔内にたまった歯垢(プラーク)に潜んだ虫歯菌が、お口の中に残った食べカスに含まれる糖分を分解し、酸を出し歯を溶かす病気です。虫歯の初期段階では痛みといった自覚症状はあまり感じませんが、痛みに気づいたときには、かなり進行しているケースもあります。そこで葛飾区亀有の歯医者「慈恵歯科クリニック」が、虫歯についてご説明します。

痛いと感じたら症状はかなり進行しているかもしれません

歯に穴があいてない初期段階の虫歯なら、正しい歯磨きやフッ素塗布といった予防処置を行い、歯のエナメル質の修復作用である「再石灰化」を促すことで自然治癒することもあります。

しかし、ある一定以上、虫歯が進行してしまうと「再石灰化」で自然治癒することはありません。放っておく悪化し、歯を失ってしまう可能性もあります。こちらでは虫歯の進行段階と症状や治療法をご紹介します。

虫歯の進行段階と治療法
進行段階 症状 治療法
C0:【初期段階の虫歯】
歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、表面が白く濁って見える状態です。痛みなどの自覚症状はほとんどありません。 正しい歯磨きやフッ素塗布によって歯の再石灰化を促すことで、虫歯の改善が期待できます。
C1:【エナメル質の虫歯】
歯の表面にあるエナメル質が溶け、黒ずんでいる状態です。痛みはあまり感じませんが、冷たいものがしみることがあります。 虫歯になっている部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて補修します。
C2:【象牙質の虫歯】
エナメル質の内側の象牙質にまで進行した虫歯です。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛みを感じることもあります。 虫歯に侵された部分を削り、詰めもの(インレー)を製作し、患部を補修します。
C3:【神経にまで達した虫歯】
象牙質の奥にある神経まで達した虫歯です。何もしなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経が入っている管(根管)から神経を除去し、内部を消毒して薬剤をつめる「根管治療」を行います。治療後は被せもの(クラウン)で歯の機能を回復します。
C4:【歯根にまで達した虫歯】
歯根まで虫歯が進行し、神経が死んでしまった状態です。いったん痛みはなくなりますが、歯根部に膿がたまるとふたたびズキズキ痛みます。 ほとんどの場合、抜歯が必要になります。抜歯後は、入れ歯やブリッジ、インプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

虫歯を放置してはいけません

初期段階では、あまり痛みがないので気づきにくい虫歯ですが、早い段階で発見できれば歯を削る量も少なく、治療も比較的簡単に終わらせることができます。虫歯は早期発見・早期治療が大切なのです。お口の異変に気づいたら、痛くなるまで放置せず、なるべく早く当クリニックにご相談ください。

大切な歯を残すための根管治療

以前は、歯の神経まで達してしまった重度の虫歯は、抜歯せざるを得ませんでした。しかし、歯を失ってしまえば、もう生えてくることはありません。抜歯すると、その両隣の歯が傾いたり、咬み合っている歯が伸びてきたりと、歯列や咬み合わせに悪影響をおよぼすこともあります。

そこで当クリニックでは、重度の虫歯でも可能なかぎり歯を残すため「根管治療」を行っています。根管治療とは、歯の神経や血管が入っている根管という細い管の中から、虫歯になってしまった組織を取り除き、内部を洗浄・消毒し、薬剤をつめて歯根を残す治療です。歯根だけでも残すことができれば、顎の骨が痩せてしまうことを防ぐこともできます。

治療は、最後まで必ず行いましょう

根管治療は歯を残すために大切な処置ですが、数回の通院が必要になるケースがあります。患者さまの中には痛みがなくなったため、途中で通院をやめてしまう方もいらっしゃいます。しかし、歯科治療を中断することは、非常に危険な行為です。せっかく根管治療で歯を残したのに、最後まで治療を行わなかったばかりに歯を失ってしまうこともあります。治療は最後まで受け、その後はメインテナンスで大切な歯を守りましょう。

治療を途中で中断してしまうことが多いケース
通院できなかったとき

根管治療では、何回か通院いただく必要があります。中にはお仕事や学校の都合で、予約日に来院いただけないこともあるかと思います。そのようなときは、予約の変更もできますので、お気軽にご相談ください。

仮歯を入れたとき

「仮歯」はあくまで仮の歯なので、耐久性がありません。「しっかりと咬めるようになった」からといって放置すると、仮歯がズレたり壊れたりすることもあります。最終的に人工歯を入れるまでは必ず通院しましょう。

痛みを感じなくなったとき

根管治療を行えば痛みはなくなります。しかし、人工歯を入れず、歯が抜けたままの状態で放置すると歯列の乱れにつながりますので治療を中断せず、咬む機能を回復させるまで通院を続けましょう。

PICK UP! なるべく削らない治療を行っています
当クリニックでは、「カリエスディテクター」という虫歯だけを染め出す溶液を使用しています。カリエスディテクターと患部を拡大して確認できる拡大鏡を用いることで、虫歯に浸食された部分だけを確実に削ることができます。勘に頼った手探りの治療では削り過ぎてしまうこともあるので、当クリニックでは、カリエスディテクターを使用し、なるべく歯を削らない治療を行っています。

35.7654276,139.8483059

慈恵歯科クリニック

35.7654276,139.8483059